初参式 寺子屋教室

A出遇い  稽首(ひざまずいて頭を地に着ける)→出遇いの尊さ
稽首とは出遇い  出会いから出遇いへ

  何も知らないで、ただ親を信じて無邪気に泣きながら誕生する赤ちゃん。親であれば、一度は経験する感動の出会いの瞬間です。それは、いのちの歴史の中で、何兆分の一の出会いであり、親子という関係を超えた、一対一の出会いの感動とも言えます。そして、親は子の成長と自立を願って、名前にその意味を託すのです。
初参式 カジュアル編@  有限の連続が無限の存在として始まるいのち
画質が粗いですが、当日ご用意した命名のポスターです。本堂の欄間や蟇股に刻まれている彫り物の意味と願いを込めて、レイアウトあいています。この後、いよいよ初参式の法要に入ります。まずは合掌して、勤行となります。無量寿のいのちの原点に帰ります。無量寿というのは、有限なるいのちが無限の存在として今を迎えているということです。その内容も初参式のあとにお渡しいたしました。
初参式
  コロナ禍にあって、しばらく中断していました初参式。8日から再スタートします。なかなかお誘いにくいこともあって、しばらくはゆっくりと構えさせていただきます。関心のある方は是非お問い合わせください。

新しい生命の誕生。それは不思議なご縁とご縁が重なった出遇いです。その大切な命が成長していく土壌として、仏様の教えに出遇う大切な法要が初参式です。仏法は毛穴からと言われています。家族そろって出遇いの尊さを考えるよい機会としていただきたいと思います。
難しく考えないで、素直に新たないのちといのちの出遇いを喜びましょう。
5月29日 英会話体験教室開催 子供会は30年以上の歴史があります。気軽にどうぞ。


戻る
前へ