メッセージ

言葉のプレゼント
中学受験を経験した中学生100人に「親に言われてうれしかった言葉」を聞いたものです。
中学受験を経験した中学生100人に「親に言われてうれしかった言葉」を聞いた結果から導き出したものだ。


1:大好きだよ
2:ありがとう
3:へぇ〜? そうなんだ?(その話、もっと聞きたいな)
4:やったね!
5:すごいね!
6:頑張ったな! または 頑張ってるな!
7:ドンマイ!(次、行こう!)
8:オマエならやれる!
9:(結果は気にせず)楽しめ!
10:ナイストライ!(いい経験になったね!)
2021年06月24日
法中講
「よき言葉にふれる時間と空間と人間」 
6月19日(土) 13:30〜15:30
謹啓
若葉青葉の候、御門徒の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。今年から装いを新たにする法中講では、変化する時代とスピードに飲み込まれがちな私たちが、目標と活力ある人生を送ろ存在だから閉こえてくる3つの事柄を確かめたいと思います。
○時代を超えて伝えられたこと
○時代が変わっても変わらない人間の心
○時代と共に変化する人間と仏事の関わり
是非お誘い合わせの上、ご参詣くださいますようご案内申し上げます。
                                                                合掌
日程

13:30 読経
法話(西蒲区打越 仏照寺様)
14:10 おもしろ仏事講座(楚行寺当院)
14:30 生活の中の仏事(行寺住職)
15:00 読経    御勧章拝読(西蒲区熊谷 善養寺様)
15:30 散会
真宗仏光寺派 恵日山梵行寺
2021年06月16日
恵日会OB

私は現在、新潟県の離島・粟島に暮らしております。粟島をもっと楽しく過ごせる島に、そして若い人にも訪れてもらいたい、そんな思いで島唯一のゲストハウスを立ち上げています。移住7年目を迎え、当時は370名ほどの人口でしたが、今では340名と、人口減少、高齢化を感じる日々です。また、本土と違い、島では不便なことも多く、互いが家族のように支え合い、『お互い様』の心で暮らしています。  子供達からお年寄りまで、顔が見える粟島だからこそ、記念すべきオリンピックの聖火ランナーとして走ることで、島に笑顔を!チャレンジする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
2021年06月10日
大事なことは伝える
いとこが聖火リレーに選ばれました。公募されたときのメッセージを掲載します。

私は1964年生まれ、そう東京オリンピックの年にこの世に生を受けました。これも何かの縁。私はオリンピックとつながりを感じずにはいられません。今年で勤続31年目を迎えています。入社以来コカ・コーラ製品、サービスを通じお客様に喜び・さわやかさを提供し私自身もその誇りを胸に31年間ずっと、そしてこれからも持ち続けます。現在も県・市町村とのパイプ役として聖火リレー、ホストタウンを中心に機運醸成の一役を担っています。また、その活動をレガシーとして残しシステム、会社、私個人としても誇りに思うところです。新潟県は6月5・6日で聖火リレーが開催されます。1日は県・各市町村そしてお越し頂く全ての方々の為に全力でサポートに回ります。1日は主役として聖火を繋ぎお世話になった方々に感謝を伝えます。聖火リレーは私の人生で1番の誇り、喜び、情熱全てを与えてくれる2日間に違いありません。
(2020年用に書かれた文章です。)
東京2020は夢。希望。力。命。勇気。感動。平和。 1年経過しても その存在は変わりなく私のココロの中に息づいています。 パワー全開、世界中から応援.支援頂ける全ての皆さまの想いを乗せて走ります!

次回は恵日会OB
2021年06月07日
寺院に対してのメッセージ 新聞投稿から
 こんな時だからこそセレモニーが問われているのです。法要として、テーマと願いをもって伝えていくことをはっきりしなければなりません。下記の投稿は「新潟日報」に投稿されたものを掲載させていただきました。応援でもあり、悲しみでもあります。大切なメッセージが込められているようです。


最近、身近な方が何人か亡くなっている。ウイルス禍の影響なのか家族葬が多くなっており、以前のような多くの弔問客を招いて通夜や告別式の形をとる葬儀が減っている印象がある。
 遠方から参加できない、あるいは密を避けるなどの理由であろうが、お世話になった方にきちんとお別れができない現実がある。葬儀を取り仕切る寺院はこの状況をどうとらえているのだろうか。
 コンビニの数より多いといわれる寺だが、住職がいない無住寺院が全国で数万と聞く昨今、葬儀や法事、お布施の減少はさらに寺の経済的な基盤を大きく揺るがす問題であると思う。 
 また最近の傾向として墓じまいが進み、多くの寺で檀家が減少している実態がある。今後は住職の意欲や檀家の協力だけではこれらの問題は解決できないのではないか。
 多死時代を迎えた今、ウイルス禍が収束したときに葬儀などの形が以前の姿に戻ることは考えにくい。高齢化が進み、不安が大きくなっているこれからの生活の中で、われわれは心のよりどころをどこに求めてにいったらよいのだろうか。
2021年05月20日
無量寿A
無量寿とはわれわれがいう長寿という意味ではなく、永遠にという意味。
生老病死の人生を生きている私たちにとって、常に変化しているということは明らかな真実です。自分だけ特別ということはありません。
生きているということはいつでもどこでも誰にでも起こりうるすべてものに働きかけられている願いです。
無量とは永遠とは、有量であり有限である自分が常に無量なる願いと平等なる時の流れの中で生きていることを感じ取る力です。
浦島太郎の救いは、玉手箱によって無量の願いと限りあるいのちに出遇ったことです。
2021年05月11日
無量寿@ いつでもどこでも
「無量寿とは無量寿如来をいふ。寿命長遠にして思量すべからず」。いつでも誰でもどこにいても、常に私たちとつながっているということです。ここで如来という難しい言葉を使われていますが、私を真実に目覚めさせる存在ということです。
私たちは、いつでもどこでも誰かしらに尊い出来事や、大切な人に遇っているにもかかわらず、出遇うことのない生き方をしているというメッセージでもあります。尊いとか大切というのは私にとって都合のよいということではありません。
2021年05月03日
大心海A
海は念仏のはたらきを伝えています。前回お伝えした@
@包摂性  広大で一切を包み込む 広くて深いいのちの根源
 の他に
A平等性  一味 いのちを育む
    我々は比較の中で一喜一憂している

B永遠性 人間の歴史的・時間的影響を超えている
    自分の人生に底ができる その上にいただいた喜び  
C超越性  計り知れない 求めれば求めるほど深い  
        すでに身に受けているものの徳を教える
D沈黙性  言葉を超えている
E清浄性  一切の汚れを浄化する働き(嫌悪) 塩の浄化作用
     罪を引き受けていく心
F真実性  不実(汚れ)なるものを浮き出す(自力の善) 不宿死骸   
    真実を求めていくことができる→勇猛精進 
それらは死骸を宿さない・転じてを目覚めさせるといった表現もされています。
まだまだ別のはたらきも表されています。
2021年04月29日
大心海
直接には海のように広大な心をもつ仏様という意味ですが、広大な世界に出会ってほしいという願いを表しています。海には他にも様々な意味やはたらきが込められています。まず最初に広大で一切を包み込む はたらきは、 広くて深いいのちの根源を表しています。私たちは肉眼でしか見ることのできない小さな存在です。しかし・・・
2021年04月27日
光曜土A
阿弥陀様の願いと欲望にとらわれて苦しんでいる私たちの心が一致したとき、心穏やかに苦労できる世界が開かれてきました。気づいてみれば苦悩のどん底の中に、私を常に見守り大地となって支えてくださっていた仏心にふれたことは何よりの喜びであるのです。
喜びの世界があること、気づくことができたことは何より素晴らしいことです。
2021年04月20日
光曜土(こうようど) 私を支える世界
阿弥陀仏の願いと欲望にとらわれて苦しんでいる私たちの心が一致したとき、心穏やかに苦労できる世界が開かれてきた。気づいてみれば苦悩のどん底の中に、私を常に見守り大地となって支えてくださっていた仏心にふれたことは何よりの喜びである。
2021年04月14日
無為城(むいじょう) 愛着からの解放
無為とは様々な愛着から解放されることです。私たちが執着する事柄が苦しみの本であるという目覚めをうながすメッセージです。「身の本を了するに なほ幻のごとし・・・恍惚(かりそめのもの)となす 常に主なし・・・・迷う者を済う」
迷うとは欲望が多いということ。
2021年04月09日
涅槃城A 常楽 道場
私たちは常なるものは何一つありません。まずそのことを受け入れることができると、落ち着くところがあります。常ならないものを常なるものとして求めるところに心がざわつき、悩むのです。無常でありこわれるものであるからこそ道ができるのです。無常から常なるものを求める道が生まれるのです。一人だけが喜ぶ小道ではなく、大きな道です。そこに道場というものが生まれてくるのです。
2021年04月06日
涅槃城@  煩悩とは?
涅槃とは「ものの消えた状態」を言います。つまり煩悩が消えた世界のことです。しかし、煩悩と言っても具体的には何を言うのか?イマイチわからないという人が多いのではないでしょうか。字をよく見ていただくとよくわかりますが、人間のこころやからだを煩わせ、関係を濁らせ、悩ませるものということです。言葉によって傷つけ、欲望が止まらず、責任転嫁しながら評論するような存在です。
2021年03月19日
「倶会一処」(くえいっしょ)⇔セルフネグレクト
多くの人が同じ場所に集まり出遇うこと。共にお浄土で、よき友・よき弟子としてお会い致しましょうという意味。
→日常の中では心が通じ合うということはまれなことです。通じ合うどころか、たった一言で関係が崩れてしまうことも少なくありません。よき友・よき弟子として会うということは、そのようなすれ違いの連続であったからこそあふれ出る願いの中から湧き出てくる言葉なのです。

セルフネグレクト
セルフネグレクトとは直訳で自己放任。生活を維持する能力と意欲の欠如、それによる自身の健康や安全を損なっている状態を指します。「生活を維持する能力」というのは入浴や歯磨き、掃除や洗濯などを通して身の回りを整えること、体の調子が悪ければ病院に行くといったような自分自身の体をケアすることを指します。
しかし、そんな「生活を維持する能力」を無くし、自分の健康や安全すら顧みない状態に陥るということは最悪の場合は孤独死や自殺につながるケースもあるということ。しかし、これほど危険な状態でありながらも自分の意志では周囲の人間に助けを求められない(そもそも助けが必要だと感じられない)ことから、実際に事が起こるまで本人の苦しみは誰にも伝わらないことがほとんどです。

2021年03月11日
なたのお墓にはどのような言葉が刻まれていますか? メッセージはいのちの躍動
「南無阿弥陀仏」
  深いいのち、共なるいのちに目覚めよという仏様からのメッセージです。
→私たちの人生は出遇いの連続です。その中には喜ばしいことだけではありません。忘れたいこともたくさんあります。しかし、その一コマ一コマに大切な意味があったことに目覚め、気づくことができるのも私たちです。仏様からのメッセージは「あなたが必要だから、あなたが生まれてきてきたのです」「本当に自分が大切と思えたら、自然と人生は深まっていくものです」。本当に簡単な言葉だからこそ、信じ難くもあります。
2021年03月04日
豪雪からのメッセージ
令和二年はコロナで始まり、収束を見ないまま日常生活習慣からあらゆる場面で見直しを迫られる一年でした。その結果私たちは何を得たのでしょうか。当たり前の日常が当たり前ではなく、当たり前でないことが当たり前になりました。マスクをすることが当たり前になったということは、自身を守ることが他の人さえ守る至極当然のシグナルでもあったのです。逆に言えば他を守ることが私を守ると言うことを忘れていたのです。
 さて、令和三年はどのようなことが起き、どのようなことに目覚めるのでしょうか。いのちそのものが、私たちの行動を呼び覚ます年になるのでしょうか。ご年始早々大自然から35年ぶりに目の覚めるような雪をいただきました。(恵日32号巻頭言)

 あれだけ積もった雪もようやく融け、春の日差しのようになってきました。雪が融けたらとけたで今度は落ち葉のゴミと草が目立ち、白い雪も恋しくなります。邪魔な雪だけではないようです。私たちの目は何を見ているのでしょうか?どこへ進んでいるのでしょうか?
2021年02月24日
アメリカ人修行僧からの手紙A 仏性をもっている存在
現代社会はテクノロジーに支配されています。その結果として、大部分の若い人達は人間がいかに素晴らしい存在であるかということを忘れてしまっています。禅では「人身得ること難し」と言います。テレビやビデオゲームが作り出した仮想現実は、私達をこの大地から切り離してしまうでしょう。もし人間が地球規模の大きな問題を克服していくつもりならば、私達は禅という強い薬を飲む必要があるでしょう。その第一歩はすべての存在が仏性を持っているということを認識することです。
 今世界の一番の問題は、やはり新型コロナウイルスでしょう。これはゆき過ぎた市場経済が引き起こした、必然的結果ともいえます。中国の食肉用の動物売買がその原因と言われますが、本当の所は分かりません。しかし人間の限りない欲望が生みだした事象であることは間違いないのではないでしょうか。これを修正することが次のパンデミック(大流行)を防ぐことにつながるでしょう。禅はその助けになるはずです。
 現在は子供達に住みよい世界を創るため、テクノロジーと社会との関わりについて研究しています。一方では僧侶として長岡市蓬平にある禅センターを運営し、また一方では教師兼執筆者として、政治がテクノロジーやバランスのとれた世界について、よりよい決断を下せるために、社会がどう関わっていったらよいかについて論じていけたらと思っています。
2021年02月12日
アメリカ人修行僧からの手紙@
コリン・春龍・ガーヴィーが、2年ぶりに大榮寺(新潟県江南区沢海 曹洞宗隆明山大栄寺は大道場であり、北越の古禅林として幾多の禅匠を打出している。この寺には沢海城2代藩主土佐守政勝、3代藩主伊予守政良等の墓所がある。また境内には芭蕉の句碑もある)に帰って来てくれました。
 彼は36才のアイルランド系アメリカ人。大学院博士課程修了後、博士号を取得。スタンフォード大学で1年間の研究生活の後、再び新潟へと帰って来ました。曹洞宗の僧侶でありながら、社会学の研究者でもあります。今の世界の状況、今後の抱負などについて語ってもらいました。
 私か僧侶になったのは、20代半ばのことです。10代の頃私は多くの問題を抱えていました。学校の成績はよかったのですが、先生など権威に対してはいつも反抗的でした。ついには自分自身をコントロールすることができなくなり、生活そのものも乱れ放題になってしまいました。その時ちょうど私は日本におりましたので、禅宗の僧侶で私の悩みを解決してくれる人を探し始めました。すると何と私の家から程近い所で坐禅会を開いていた、現在の私の師匠と出会うことができたのです。師匠は信じなくていいからただ坐れと私に言いました。私は神に対するような信仰を持つこともなく、心が開放されどんどん楽になっていくのを感じました。2年後、私は師匠に弟子にしてもらえないかということ、仏前結婚式をしてもらえないかということをお願いしました。こうして妻と結婚したのが8年前のことです。出家得度式は結婚式の後になりました。彼女がまだ髪のある私との結婚記念写真を望んだからです。
2021年02月06日
コリンさんとの出会い
コリンさんは御門徒さんの娘さんと縁があって結婚されました。梵行寺にも足を運んでいただいたこともあり、禅との出遇いを通して人生の方向を見つけた経緯などを綴った手紙をいただきました。必ず梵行寺でも布教いただける日が来ると思いますので、ここに紹介させていただきます。
2021年02月03日


戻る