出遇い場

いのちとの出遇いA
「いのちの教育」 いのちというのは、言葉で説明して納得する事柄ではありません。私の前に多くの人々の願い・悲しみなどにふれるという現実体験が必要です。私たちはいつでも自己中心的で平面的ないのちの捉え方をしています。そこには考えられたいのちであり、血の通ったものとはほど遠いことが多くあります。立体的いのちにふれるということは、そこにおおくの懺悔というものが経験されるところにあります。悲しみや思い通りにならない経験、そこから優しさやぬくもりを感じ取ることができるのでしょう。自身の身の回り、包んでいる事柄に目を向けてみると、それはたいへんな緊張感を呼び覚ますものなのです。
→生きていることの緊張感
いのちとの出遇い
@命日  命を考える日
ここのところ当たり前だと思っていたことが、本当にそうではなかったことであるという思いをさせられている。何気ない営みの一つ一つに大きな功徳(はたらき)にふれる毎日である。経典の中に「正坐西向」という言葉があります。 いのちあるものは思い通りにならないことばかりと思っていたら、実はその一つ一つのことがらの中に途方もない力を戴いていることの目覚めの言葉なのです。日は東から昇り西に沈む。その生活実感こそがいのちの営みの出発点なのです。
師との出遇い・人との出遇い
◎「いかなる人に出遇い、いかなる言葉に出遇うか。人生を決定する一大事である。」 (松本梶丸)
◎現在の自分が今の如くあるのは、これまでどのような出会いをしてきたかの結果。 よき人と出会いたい (平野 修)
◎「人の一生は 人との出遇いの連続である」
出遇いというのは、ある時偶然に出遇うものです。求めて、求めて、その先に訪れるものです。求めることを怠ってはなりません。
社会・人との出遭い
社会・人との出遭い
  いろいろな縁にあうことによつて動き続ける人間の日常の心。 条件によって変わっていく自身の立場は自分の行いを変えてしまいます。そんな出遭いの連続の中で、人と人とが出遇っていくのです。今、社会はかつてはあったけれども初めて遭遇する不都合に遭っています。老若男女、仕事や立場によって違った見方をする共通の出遭いです。
出遇いとはA
 人の生涯には、さまざまな出遇いがあります。大きな出遇い、小さな出遇いの連続であります。人は、出遇いとともに成長し真の人間になっていくものです。そうしたすべての出遇いが今の私を成り立たせています。
 その中には、たった一人の人との出遇いが人生にとって大きな意味をもつ、人生を根底から変えるようなことが時としてあります。
出遇いとは
出遇いとは→人間が人間となる営み 
@いのちとの出遇い
  生命体としてのいのちにおいて誰もがぶつかる問題は家庭における人間関係。    『仏説観無量寿経』の問題
 家庭は、人間の社会の最小単位である個人の次に小さい単位です。個人は、生を受けた時点では「社会的動物であるところの人間」ではありません。全く教育を受けていない状態では、人の姿をした動物と同じであるとも考えられます。このため人間らしく生活するための、最も基本的な段階の乳幼児から順を追って教育していく必要があるのです。
 成長するに従って、個人が家庭内で受ける影響は計り知れません。食事やマナー、あるいは立ち居振る舞いや物の考え方に至るまで、多岐にわたるのです。
今年の開催について
諸事情が重なり、現在今年度は計画段階で止まっております。開催が決まりましたら改めてご案内いたします。出遇いの大切さを伝える会です。その主旨も含めて、しばらく法話集を掲載させていただきます。


戻る