21日誌4

2021年10月26日
今日は猫の群れに会いました。本来猫は単独行動が多いのでしょうが、餌をいただける環境にあると群れることになるのでしょうか。ある意味微笑ましいのですが、猫の習性を考えると苦手な人には群れを見るのはどのように映るのでしょう。ある意味人間と同じで、群れてみたり離れてみたり。一人では生きていけないのに、群れるとけんかになります。
2021年10月23日
当初、お取り越しのお寿司(おとき)の包み紙は、御覧のようなデザインを予定していました。先がけて心配してくださる姿をイメージしたのですが、どうも不評でした。そこで、以前紹介した秋を前面に出して、自然の様子をイメージした画像と言葉を挿入しました。考える楽しみ、考える難しさ。だから面白いのでしょう。
2021年10月20日
17日は昨年はコロナ禍にあって、中止となった本山差し向け布教が開座されました。今年は県をまたがないという配慮から、地元弥彦村から法圓寺御住職から布教をいただきました。引用和讃から話を展開していただき、不安というものがもつ意味や私たちの根本的な生き方についてお話しいただきました。さらに今回は・・・
2021年10月17日
高校野球の秋季大会が始まりました。コロナ禍の中にあって、部活動が制約されてされていることもあって大会の開催も遅れました。野球は何かと注目されていますが、どの部活動も事細かな気配りの中で日々活動されていることは容易に想像できます。ひたすら頑張る姿の背景に、いろんな下支えがあることは高校野球に限ったことではありません。我々も同様です。
2021年10月14日
昇段試験を控えて中3の生徒も書道教室に久しぶりにやってきました。今回が最後の昇段試験ということもあって、これが最後かなと思って様子を見に行きました。受験生でもあるので、ホントに大切な息抜きをかねた貴重な時間でもあるようです。定期的には出来ないけれど、もうしばらくここに足を運びたいということで、最後の教室にはなりませんでした。やはり名残惜しいようです。約30年の教室も間もなくさよならです。
2021年10月11日
オレのオレのオレの掲示板を読んだ感想を聞かせて頂きました。仏教には興味があるのだけれど、なかなか理解するのは難しいというのが率直な意見ですが、軽い気持ちで読めるのがいいとう言葉をいただきました。確かにそれが一番の目的ですので有りがたいことです。少しずつ深めることが出来たらいいと思うのですが、深めるというのも人それぞれの今至難の業です。
2021年10月05日
9日には須田家の初参式が勤まります。親の願いはもちろんですが、式の中でいただいてほしいことは時を超えた願いです。願いに生きる人は、出遇うことのできなかった多くの時と人との新たな対面です。そしてこれからの時を大切に生きていただきたいということです。三回忌に引き続き勤まりますので、より深い出遇いと相続になっていただきたいと思います。相続が新たな行となっていくのではないでしょうか。
2021年10月02日
境内の中にはその季節季節によって、いろんな花が咲いています。つい最近ではバラの花が咲いていたのですが、その花の中にカエルが止まっていました。だいぶ前のことになりますが、もみじの枝葉の中にモリアオガエルがしばらく止まっていました。なんとなく微笑ましくて、久しぶりにとっまたカエルに見とれていました。画像は境内のものではありません。焦点が合いませんでした。
2021年09月23日
23日はお彼岸の中日です。22日から天候がぐずついていますが、21日は見事な中秋の名月でした。稲刈りもだいぶ進みましたが、果物もある地域なのでこれからも天候が気になるところです。不順な天候の中にあって、今年は彼岸花の開花も遅くなったと思ったら、ちゃんと彼岸になると華を咲かせました。大したものです。
2021年09月17日
お彼岸も近くなったのですが、今年は境内の彼岸花の花がまだつぼみです。例年にはないお盆時期の長雨もあったのでしょうか、毎年同じ頃に咲く花ですが、今年は少し違った趣を見せています。花に限らず、命あるものは微妙に意識を変え生きているようです。そんな景色やいのちの変化にふれることも大切なことです。
2021年09月11日
8日には初参式と新たに10月の申し込みをいただきました。コロナ禍以前はかなりも申し込みがあったのですが、こちらとしてもお誘いすることを自粛していたこともあり、久しぶりとなりました。今回はカジュアル編と言っていいと思います。気軽に参加したいただくケースと、年忌法要と併せて行う場合。フォーマル編として独立して勤めさせていただくこともあります。今回のカジュアル編は別項でお知らせします。
2021年09月08日
今日は初参式の申し込みがあり、何かと法要を勤めることが難しい昨今にあって、明るい話題の一つです。私たちの思い込みというのは根深いものがあって、葬式イコールお寺のようになっています。改めて「生きる」ことを考え、問い直し、再スタートをすることが法要全般に言えることです。これからの時代を生きる人々の法要です。
2021年09月05日
恵日会の教室の前にあるシートの前を歩いていると、またまた葉っぱが飛んできたのかなーと近づいてみますと・・・。どうやらそれは葉っぱではなく「蛾」のようです。まさに枯れ葉のように身をひそめるように止まっているではありませんか。どのような生き物でも、生きていくのは大変で、智慧を絞りながら生活しているようです。カエルだって色を変えている姿はよく見かけます。
2021年09月02日
立場が変ると目線や関心度、注意力も変ることを改めて教えられました。先日ようやくマイナンバーカード発行申請に行ってきました。何事も初めてのことは不慣れなのですが、申請には予約が必要であること。申請書類のようなものも必要であるとのことでした。読んでいなかったこちらが悪いのですが、「そんなこと書いてありました?」と言うと、「ここです」と指摘されますと思わず出た言葉が「これじゃ見えない」でした。逆の立場になると結構あることなのですが・・・。
2021年08月30日
寺子屋教室の英会話コースもだいぶ定着してきました。書道教室が今年度限りということもあって、新たに開設したコースです。英会話と書道といった真逆のような教室ですが、学ぶということにおいては同じなので共通項もたくさんあります。スタイルは変っても、学ぶ姿勢によって習得度も変ってきます。もう少し落ち着いたら、改めて様子をお知らせしたいと思います。(画像はえにち会ではありません)
2021年08月28日
今年の天候はやはり厳しかったようです。本堂改修工事の時も、植え替えしたにもかかわらず堪えてきた松です。激しい天候の変化なのでしょうか、それと別に行き届かなかったのでしょうか。残念ながら葉が次から次へと赤くなって、とうとう伐採することになりました。生き物には寿命があると言っても、やはり寂しさを感じます。
2021年08月25日
毎年のように変化していくのは当然ですが、コロナ禍ということもあって一層加速しているように感じています。今年は生活全般の変化を顕著に表して事柄も多々あります。一つ一つを取り上げると捉え方も多岐にわたり、軽々に言えないこともあります。そんな中で今年もラジオ体操が始まり、これまた今年初めてのこともありました。意識の変化を感じさせられることではありますが、どう致しましょうか、思案中です。
2021年08月22日
オリンピックのテーマでもあった「多様化と調和」。パラリンピックの前に、高校野球が制限されながらも開催されています。子供の頃からのあこがれである甲子園でプレーができるということがどんなにすごいことなのか、改めて実感している人たちも多いのではないでしょうか。スポーツ環境も物心両面で大きく変ってきました。根性論は大きく廃れ、子供たちを募集することさえも困難になってきました。何事も100年サイクルで大きく変化する世の常です。環境と心の変化を昔の人も見てきたことと思います。ただ残念ながら、素直に聞くことも困難なことです。
2021年08月19日
お盆が過ぎて長雨が続いていますが、8月上旬までの高温と日照りで境内の松が赤くなってしまいました。笠原造園さんに見ていただいたのですが、回復するには無理があるようです。残念ですが、境内の様子も変るかもしれません。以前は桜の木、プラタナスの木などがあり、それぞれ違った姿を見せてもらっていたのですが、生きていくということは大変です。一方で強風で散った百日紅の花も復活してきました。
2021年08月16日
今年のお盆もあと一日となりました。今までにはない天候で、猛暑から一転涼しい日が続いております。しかし西日本を中心に被害も大きく、近年は必ずと言っていいほど大きな災害が起こっています。お盆を機に根で繋がっている私たちに何が出来るのかを考えなければなりません。単なる墓参りに終わってはならないということで、すこしずつ様式も変えています。その一つに13日の墓経を一切お断りし、いのちの原点とつながりを考えていただきたく本堂での法要とさせていただきました。その一環として「オレの掲示板」を作成し配布させていただきました。


戻る