21オレの掲示板

成人
 盛年とは一般的には実力と立場において堅固である時を指します。しかしそんなときほど自分を見失うものです。患いなきときとは、どのような意味をもっているのでしょうか。順調にいっているとはどのような状態をいうのでしょうか。そして精進とは何を意味しているのでしょうか。順調にいっているときは精進とは言えないということです。盛年にして患いなきときは懈怠であるというのです。懈怠とは怠けることではなく「自分で稼いだお金を自分で使って何が悪い?」「オレのものはおれの思うようにする」という謙虚さを忘れた人は成人とは言えないのです。
人生時計
時間というのは、年齢を重ねれば重ねるほど早く進みます。それは今日一日の重みが軽くなったからです。しかし、軽くなれば軽くなるほど一日の生き方が、より深い重みをもってくるのです。自分の人生に挫折する。それは走ってばかりですれ違いの日々に潤いを与える大切な時間なのです。
誕生
のいのちは、直接は母の胎内に生を受けたときからスタートしているので、出産して初めて寿命が始まるというものではありません。人間は生きもののなかでも一番成長が遅く、世話と迷惑をかけなければ生きていくことが出来ない生き物です。
いのちというものは無限・無量のいのちの歴史を背負っている存在です。
そうしたことの忘却が、今日いのちの大切さを見失う背景でもあります。誕生と同時に一歳と言われてきたことは、生まれる以前に計り知れない歴史があることを示しているのです。
人間成就の道
お金がないものだけがあくせくしているのではなく、ある人もあくせくしている。ある程度満足を手にしても喜びが続かない。
 今、食事や旅行が楽しみの人も、コロナ禍にあって自然を見に行くこともあるでしょう。しかし、疲れがとれるどころか、人間の顔を見て余計に疲れることもある。これは人間の世界というものが疲れさせるものだということを示しています。
人間は生きている
生きているものは常に変化し続けています。そんなことは当たり前であると済ませてしまうと、生きていることの深い意味が分からなくなります。
変化するということは、その変化を受け止める智慧が必要になってきます。日々変化する人生は常に百点満点を与えてくれません。自分を大切にするということは、都合の悪いことも引き受けていかなければならないのです。生老病死は思い通りにならない私そのものです。
人生の出発点
過去・現在・未来は誰もがもっている時の流れです。過去があって現在がある。未来のために現在を何とかしようとする。
その考え方の出発点はどこにあるのでしょう。何とかなる私、どうにもならない私。
私を出発点とする人生は、必ず大きな壁に突き当たるものです。
迷い道
人生はさまざまな道に迷いこんで進んでいきます。
この「くねくね」という表現に、本当に道に迷い、悪戦苦闘する姿がはっきりと見えます。
道に迷うことは特別なことではなく、迷えば迷うほどもがこうとする人間の姿です。
夕暮れ時の迷い道で呼びかけてくださる声は、

「道草しながらよく帰ってきたね」という帰命の声なのです
ウロウロする人
ウロウロを漢字で書くと「迂路路」または「有漏有漏」という説もあります。
私は有漏有漏の方に意味があるのではないかと思います。
有漏とは迷いある者という意味で、完全に迷っている者はどうすればいいか、どちらの方向へ進んだらいいかウロウロせざるを得ないということです。
自分の欲望が深ければ深いほど迷うということです。
オレの掲示板2021年版
8月1日に今年度版を発行致しました。今回は「迷子編」です。お盆に配布する予定ですので、その後随時ご紹介させていただきます。お盆にお参りいただいた方には、もれなく進呈致します。


戻る