メッセージ2

A自分たちが中心となって行った披露宴について 木村さん  苦慮する意
新型コロナウイルスの流行があったために、普段であれば当たり前に出来たことが出来ないなど様々な制約がありました。正直開催に至るまでは式の延期や急な欠席など一筋縄ではいかないことに記術ない思いを沢山したことは確かです。 ただ前提として参列者のことを常に考え、どうすれば喜んでくれるだろうだとか、どうすれば感動してくれるだろうだとか、 ここまで自分たち以外のために苦慮したことは初めての経験でした。この経験を経て、人を呼ぶことは大変ではあると思う一方で自分達を大きく成長させてくれた良い機会となったと思います。 今結婚式をしない人は多くなっていると思いますが、自分たちの成長のためにも、今までお世話になった人達への感謝の気持ちを伝えるためにも結婚式は是非した方が良いのではないかと思います。当日まで頑張って準備したこと、計画したことはとても良い思い出となりましたし、夫婦成熟の大事な一歩となったと思います。
@仏前結婚式参加して感じたこと  木村さん
幼い時から慣れ親しんだ場所で、大人になって結婚式を挙げることは不思議な感覚であり、皆に見守られながら挙げる仏前結婚式は安心感にも似たような感覚がありました。教会や神社、人前での結婚式が主流の中、誰にでも出来る選択ではありませんが、今まで出席してきたどの結婚式よりも両親、親戚との距離感が近く、参列者と一体となって式を執り行うことができたと思います。
A自分たちが中心となって行った披露宴について 小林さん  感謝 勇気 おびえ 迷惑  複雑な思いの中で
 3年程前に入籍は済ませておりましたが、私達夫婦ともに結婚式というものにあまり興味がなく、どちらかというと親族からの勧めで「じゃあ顔合わせくらいなら」という気持ちで準備を始めました。準備を勧めていくにつれて夢が膨らみ、またお世話になっている皆様にも感謝の気持ちが伝えられたら良いなと思うようになり披露宴をさせて頂くこととなりました。当初は昨年の4月を予定していましたが、コロナウイルス流行の初期と重なり、1年延期をさせて頂きました。3月の下旬から再びコロナウイルスの感染拡大が懸念される中、本当にこのまま披露宴を行って良いものかギリギリまで悩み続けましたが、友人、親族、家族から「楽しみにしてるから」などのたくさんの励ましの言葉をいただき、勇気を貰いました。残念ながら当日出席出来なかったゲストの方もいらっしゃいましたが、別の形で祝福をしていただき、改めて人と人との繋がりの大切さを感じました。準備を始めた頃に思い描いていたような”結婚式”は実現出来ませんでしたが、この様な状況下で結婚式の準備をさせて頂くことでたくさんの事を学ぶ事ができました。今は、この時期に結婚式ができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
【結婚式を経験し、披露の場を設けて】
 コロナ禍にあって、苦渋の判断が迫られる中で、今まで経験したことのないことに出遇った四人です。苦しくとも喜びと涙溢れる仏前結婚式と披露宴、二組の新郎新婦からのメッセージを紹介致します。

小林さん
@仏前結婚式参加して感じたこと
 住職に結婚の報告をさせて頂いた際、仏前式のお話を頂きこの度実現する事が出来ました。私達夫婦は共に父親を病気で亡くしています。仏前式という形でこれまで育てて頂いた感謝の気持ちを伝える事ができ清らかな気持ちになり、身の引き締まる思いでした。そして出席して頂いた皆様の前で結婚の誓いをした事で、私達夫婦がこれから少しでも社会の役に立てるように努力していきたいと思いました。
見えないコト 見えるモノ
【生活に法要を】 違った世界が見えてくる
  繰り返し申し上げていますが、私たちにとって法要というのは特別なことではありません。仏前結婚式も同様です。日々の暮らしの中で、大切な意味を持っていることを形にしたものです。親子であっても考えの違う人同士が共に生きるというのは並大抵のことではありません。法要の中にある願いを、生活の中で是非試してみてください。必ず違った世界が見えるはずです。

【結婚式を経験し、披露の場を設けて】
 コロナ禍にあって、苦渋の判断が迫られる中で、今まで経験したことのないことに出遇った四人です。苦しくとも喜びと涙溢れる仏前結婚式と披露宴、二組の新郎新婦からのメッセージを紹介致します。


戻る