21日誌3

2021年07月27日
つい先日まで境内庭の剪定作業のため、笠原造園さんから5日ほどかけて行っていただきました。かなり枝葉ものび、鬱蒼としていましたが今ではすっきりしてお盆を迎えられそうです。ここのところ、かなりの高温が続き大変だったのではないでしょうか。ありがとうございました。そのほかにも暑い中の作業していただいたところがあります。今は大変暑いのですが、今年の冬は雪のためいろんなところで影響を受けました。・・・
2021年07月24日
東京オリンピックが23日開催しました。オリンピックがなぜ開催されるのかが問われるような事柄が次から次へと起こってきます。開催するまでの道のりや歴史を考えると、簡単に中止ができないことは容易に想像できます。しかし、今こそスポーツの祭典としての意味を問い直す時が来たのでしょう。コロナ感染同様、私たち人類が生きるということの緊張感が求められているようです。行動変容が迫られているようです。テーマの一つでもある「未来」につなぐためにも・・・。
2021年07月21日
オリンピック・学生スポーツに代表とされる、開会式の意味は大きいと思います。しかし、何事も組織化し巨大化していくと本来の意味が見失われて、形骸化していくものです。ようやく開催に至ることができたという意味で開くという言葉は使われています。開かれるための準備、経過そしてこれから始まる人生へのスタートラインに立つということでは非常に重要なことです。私たちにの行動変容につながることが、開会式の大きな意義なのでしょう。23日の和讃講座特別編では「開会式」について改めて考えてみたいと思います。
2021年07月16日
11日に長岡市寺泊の聖徳寺様にお伺いしました。同朋の会での法座を二席させていただきました。コロナ禍にあって参集される方がいつものようにはいらっしゃらないようでしたが、熱心にお聞きいただきました。今回は「正信偈」の冒頭部分の帰敬序と言われる部分についてでしたが、今後はご住職様のご意向で変更有りとのことです。とにかくコロナ禍にあって、どちらのご寺院も工夫と苦悩ともにもちながらの期間が続きそうです。お世話になりました。それから、三人のお子さんには元気をもらいました。
2021年07月13日
思いがけず金沢翔子さんの揮毫と講演の場に参加することができました。お母さんの言葉も正直で、親の思いを語っていらっしゃいました。何より30歳から始めた一人暮らしの様子は非常に考えさせられることが多々ありました。幸せとは何だろう、生きるということの大切さは何だろうと自問自答しながら聞き入っていました。一人では生きられない人間の現実の中で受け入れていく姿勢、誰にでも言えることです。
2021年07月10日
つい最近のことですが、やはり確認を怠ると失敗が多くなってきました。車に乗ろうとしたら鍵がない。鍵を取りに行って免許証の入った鞄を置いて出発しました。その鞄の中に大事なお知らせと免許証があったことに気づいたのは、門徒さんの家に着いてからでした。その門徒さんの家からもう一度自宅にもどって再スタート。さらにまだまだ他にもありましたが・・・
2021年07月04日
先日一回目のワクチン接種をしてきました。何かとここまで来るまでの間、多くの人のご苦労の中で現在に至っていますが、当日は本当にスタッフの皆さんのおかげでスムーズに受けることが出来ました。いろんなことが起きる中でここまで調整しながら進んできたことでしょうが、すごい犠牲を重ねた中での賜物なのでしょう、無理なく摂取していただきました。
2021年07月01日
「恵日」最新号が発刊されました。今月1日から配布させていただきます。今号は仏前結婚式特集です。式の中に込められている深い願いと出遇いに注目して編集致しました。別項でも紹介しておりますので、是非一読していただければ有り難いことです。コロナ禍にあっての法要は、かなりの苦労があったようです。
2021年06月28日
昨日のご法事で大変珍しく貴重なものをいただきました。アクリル板を細かく彫って蓮の花を描いたもので、差し替えの出来るついたてにはLEDライトで照らせるような工夫もされていました。作者はご法事を勤められた家の娘さんで、家具職人としてスタートしたばかりです。子供会のOBでもあり、今後の活躍が期待されています。どうも有り難うございました。
2021年06月22日
コロナ禍ということもあってタイムスケジュールが大きく変った法中講は、いろんな反省点に気づきながらも終了致しました。本来このような捉え方はいかがなモノかとも思いますが、あまりにも変わりゆく環境の中で、伝承する課題と取り組まなければならない時代を感じるからです。布教を一席いただいた後に、わかりやすいい仏教講座を開講しました。初めてのことでもあり、いろんなことがありましたが、次年度に生かしたいと思います。定員30名で計画致しましたが、それ以上の参加を得たことは有り難いことでした。密にならないように、換気とテンポに気をつけながらの進行でしたが、やはり反省点は残りました。御書様の意味も確認したいところです。
2021年06月19日
昨年コロナ禍でお休みしていた「法中講」(法を喜ぶ仲間の集まり)が再開されます。時代と共に環境・意識が変わりゆく中で、形を変えての集まりとなりました。今までにはなかった試みもあり、どのような反応をいただくのでしょうか。本山からのお手紙や、法中全員で勤める読経は変りませんが、確実に時間が動いている中で変化した「法中講」を改めて検証させていただきます(画像は玄関に活けた花です。綺麗ですが何という花なのでしょうか?わかりません)
2021年06月13日
英会話教室の土曜クラスも始まりました。生活スタイルが変わった今でも家族ぐるみで協力しなければならない時代です。本人の意志はもちろんですが、家族の理解がないと交通手段の必要な地区に通うことも大変なことになります。意外と土曜クラスに子供たちが集中するのもそのためなのかもしれません。クラスを増やすことも含めて柔軟に対応できたらいいいと思う初日でした。
step by step
2021年06月10日
英会話教室が始まりました。小学校での英語授業が始まったことを受けて、保護者の皆さんもかなり関心が高いようです。もちろん「お寺で英会話」を開設することは、コミュニケーションの幅を広げるということがあります。子供の時は柔軟にチャレンジする力を持っているので、慣れ親しみやすいことは事実です。今まででは考えにくいお寺と英会話のコラボ。いよいよスタートしました。(画像は体験教室)
2021年06月07日
ご本尊様の前で聖火リレーのトーチ棒をもって記念写真を撮りました。左側にいるユニフォーム姿の彼は私のいとこです。5日に行われた長岡での聖火リレー参加報告に来てくれました。参加者すべてにドラマがありますが、彼は前回の東京オリンピック開催の年に生まれました。その年は新潟県は大変な出来事が続きました。誕生したばかりの彼は当然記憶はありませんが、ドラマの連続でした。そんな思いをのせて走ったようです。
2021年06月04日
本は大変重いので、うっかり机の引き出しにいっぱい詰め込むと大変なことになります。これは机だけではなく、頭の中も同様です。時々抜いていかないと「ガタン」といって、人に迷惑をかけます。今日も引き出しが悲鳴をあげ、「ガタン」といって落ちました。新しい生活様式のため、新しい本だけではなくいろんなものを詰め込みすぎました。
2021年06月01日
英会話教室の無料体験には、20名ほどの子供さんと保護者の方が参加されました。コロナ禍にあって、コミュニティーの取り方が難しくなっていますが、だからこそいろんなツールが求められているようです。伝統的な事柄から未来を見据えたことまで、答えのない道が求められているようです。いよいよ6月から新しいステージが始まります。(画像は3月の体験学習です)


戻る