21日誌2

2021年05月29日
生まれた時からスマホやSNSに慣れ親しんでいる、インターネットや携帯電話が当たり前の時代に生まれた世代をZ世代というそうです。他の世代と比べ、膨大な情報やコミュニティを選択できる環境におかれていることから、多様性を認め、その個性を尊重する価値観をもつ傾向にあるとのことです。そんなZ世代と向き合っていくことも大切なことです。今日はいよいよ英会話コミュニティー体験学習の日です。予約は結構いただいていますが、さてどのような感じになるのでしょうか。(画像は新しくなった机と椅子です)
2021年05月26日
コロナ禍にあって法座・聞法のスタイルの多様化が望まれているのではないかと思います。役員総会も二回に分散開催し、それぞれの意見をいただきました。家族の形態が多様化したように、不安と孤独の中で生きている人も増えていると思います。それは様々な言葉や行動に現われています。法座・聞法はそのような現象にも柔軟に対応するものでなければならないと思います。
2021年05月23日
昨年はコロナ禍にあって、世話方会議は書面による決議を取らせていただきました。緊急事態ということもあって、急遽形態を変更せざるを得ないこともたくさんありました。今年は、その変化した形態と内容について吟味していただこうと、二回に分けて開催することに致しました。
お一人の欠席はありましたが、皆さんから現状をよく理解いただいたうえで今年度の活動方針に臨むことになりました。有り難うございました。
2021年05月20日
171年前嘉永3年12月にお生まれになり、万延元年に佛光寺御門主の奥様として入寺された方がいらっしゃいました。今ではとても考えられないことですが、当時は時別のことではなかったことでしょう。しかし、その後佛光寺と共に苦難の時代を生きられることになったのです。女性門主となられ、75才の生涯を仏法の中で生きられ往生されたのは大正13年5月19日のことでした。梵行寺においては、特別なことは出来ませんがお花を供え灯明を灯してお参りさせていただきました。まさに今では考えられない生涯を生きられた私の曾祖母の力強い生き様を思い出しながら。時間と共に風化させてはなりません。女性の活躍を願われ、活動された方でした。
2021年05月17日
英会話教室の体験学習を29日に行います。しばらく問い合わせをいただきましたが、グローバル化(世界規模)が進んでいる中で、今までには考えられないことが日常の中で起こっています。今日もある外国人と法要について話す機会がありました。言葉はもちろんですが、習慣や宗教的価値観の行き違いを感じる場面も感じられました。ただ、一生懸命に聞こうとしている姿勢を感じられたことは有り難いことでした。日本人でも、聞く気がない人にはまったく通じません。
2021年05月14日
新潟日報では子供たちの将来の夢を語るコーナーが掲載されています。今、地元の小学生が取り上げられています。そんな子供たちの声を聞いていると、やはり元気をもらえます。子供たちの声の裏側には、家族が裏付けになっていることも多く、大人が元気ですと子供の声に反響することはよくあることです。リフレッシュしながら一日一日歩むことができたら、自然と人生が調和していくことができる「日々勤行」です。行とは習うことです。先生はいっぱいいらっしゃいます。
2021年05月06日
5月5日はこどもの日ですが、お休みとあってお参りに伺った時には結構子供さんと会う機会がありました。親御さんの子供の頃に似ていると感想を言いますと、「よく言われます」「そうですか」など反応は様々です。30年以上のお付き合いというのは本当にありがたいことです。こどもの日とは「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という日だそうです。端午の節句とも違った意味を持っています。しかし、最近は鯉のぼりを見なくなりました。
2021年04月30日
新緑のシーズンとなりました。田植えも少しずつ始まり、連休ではありますが忙しさを感じます。今年の連休は昨年同様にコロナウイルス感染拡大が止まりません。何もできない無力さを感じながらも、微力ながらも応援できることは引き続き行っていきたいと思っています。間もなく四役会を控え、令和三年度の法要が始まります。何が継続可能か、何を変えたらいいか?議題は少ないようでたくさんあります。(画像は雪に耐えて咲いた藤の花)
2021年04月27日
コミュニケーションロボットが普及しつつあります。家族形態の変化や労働者数の減少変り、人の感情を理解するだけでなく、自らが感情を持つロボットとして開発されたようです。人間同様、相手の気持ちや人とのふれあい、周囲や自らの状況に応じて複雑に感情が揺れ動き、それに応じた行動をとるということで、少し興味を持って情報を手にしましたら、さすがにまだまだ手に届く状況にはないようです。お寺も人手不足です。
2021年04月24日
寺子屋教室の中学生が修学旅行に行った帰り道、自宅より先がけておみやげを届けに来てくれました。このようなことはなかなかないことです。道順からしても回り道なので尚更です。本当にうれしいことですが、3月のサプライズと今回の件は本当にありがたいことです。中学3年生はこれから部活が本格的になる時期なのですが、状況が状況なので心配も多いかと思います。何かと気がかりなことが多い中で本当にありがたいことです。
2021年04月21日
次号の「恵日」は7月に発行いたしますが、今回は仏前結婚式を特集する予定です。法要としての結婚式が執り行われているのに、その意味を考えることはほとんどありません。「そんなことは特別知らなくてもいい」ということもありますが、法要・セレモニーの中での所作一つ一つに、深い願いがあるのですから聞いてみるのもいいのではないでしょうか。今回参加した人たちの言葉も添えたいと思います。
2021年04月18日
今年に入って初めての聞法会が西照寺様にて開催されました。今回は造寺堅固の時代というテーマでお話をさせていただきました。とにかく昨今のコロナ禍にあって、さらに強まってきた無縁社会についても触れてみました。事実、コロナ禍の中で少人数で動くことが多くなってきました。人に相談できない、相談相手の多くは人ではなくネット上のデータを参考にされている人も顕著に見られるようになってきました。その結果、相手の話を聞くということが苦手になってきたようです。・・・
2021年04月12日
延期・延期の中でようやく3月に仏前結婚式が2組執り行われたことはご報告いたしました。その後、コロナ禍にあって緊張しながらも開催すべきかどうか悩みながら結婚披露宴を迎えたことは、参加したすべての人たちに言えることでした。ここのところ感染者拡大が顕著に表れていることもあって、素直な気持ちを赤裸々に語っていただいた挨拶がありました。いずれ「恵日」の中でも紹介できたらと思っています。
2021年04月06日
卒業生へのメッセージを色紙に書いて渡しました。輝く未来への出発として贈った文字です。「晃」「輝」「耀」にはそれぞれ違った輝き方を表しています。四方に、あるいは丸く囲むように、光高く遠く広く照らす、それぞれの意味があります。光り輝くには長い人生の中ではまだまだ先のことになるかもしれませんが、意外と身近なところで光っていることも忘れずにいてください。
2021年04月03日
子供会の中では思わぬサプライズがありました。30年以上にわたり寺子屋教室の中心的活動となっていた書道教室も来年度をもって閉めることになりました。それに代わり英会話を中心にしたコミュニティが中心活動となっていく予定です。その中で、保護者の方から思いもかけぬ花束贈呈がありました。何ともありがたいことでした。いろんな出来事、いろんな出遇いをありがとうと重ねて申し上げます。
2021年03月31日
今回のテーマは「魔法の言葉」です。仏教的には魔法というのはおかしいのですが、コミュニケーションの大事さを考えるときにどうしても必要なことです。「人生は苦なり」、人生とは思い通りにならないという真実を目の前にしたときに、言葉は力ともなり私を惑わせ、他を傷つけるという問題です。まして日本語だけでも誤解を生んでしまうのに外国語となるとさらに大変な問題を含んでいます。これは笑い話ですが、英語で「今何時ですか」と尋ねられた日本人が「ほったイモいじるな」と聞こえたそうです。今回も円を「サークル」と言いますが、どう聞いても「サークル」とは聞こえませんでした。そんあ感想を持ちながら会は進められました。
2021年03月28日
28日は子供会です。今年度一年間ほとんど活動らしい活動ができないまま終了したような感じでした。今回は中学生の完全卒業ということもあって、何とか開催にこぎ着けました。内容は改めてご報告しますが、何事も準備が大切です。今回のテーマは「魔法の言葉」ですが、コミュニケーションや生きる活力について計画致しました。生きる活力の背景、幅広さに少しでも触れることができたらと思っています。
2021年03月25日
24日梵行寺本堂において、御門徒さんの仏前結婚式が執り行われました。
ご両家におかれましては誠におめでとうございました。
思えば一年以上待ちに待った今日の良き日でございます。今日という日が本当に尊い日になるべきスタートの日でもございます。本堂のご尊前には松を芯とした仏華、真金色を表す金箔に塗られた内陣、襷掛けのような個人の力を超えた灯火、ご縁と時の中で変わりゆく私たちに大切なことを教えています。待った者に与えられた智慧でありうなずき(認→認)です。その中でお互いが唯一無二の存在であること、多くの歴史の中から誕生した本当の出遇いとすべきことを念じてお祝いの言葉とさせて頂きます。本日は誠におめでとうございます。 
2021年03月22日
20日は今年初めての法座「彼岸会・初御講」を勤めさせて頂きました。今回は地元の方を中心にお声かけ致しました。今年のテーマを法話の講題としてお話を致しました。内容も大事なのですが、皆さんに集まっていただくことも大切なことであり受け入れる側としても喜びと緊張するものがありました。画像は「お斎」が制約されている中で坊守が考えた「梵行寺のお弁当」です。皆さんにはおみやげとしてお持ち帰り頂きました。
2021年03月19日
次男の仏前結婚式ではリモートで県外の親戚とも参加してもらって、親族紹介をしました。最近の通信環境はめまぐるしく変っており、便利ですがとてもついて行けない状況でもあります。煩悩がより盛んになっていくのか、それとも恩恵を蒙って豊かな人生を送ることができるのか?宗教者が問われるところでもあります。(24日にも仏前結婚式が執り行われます。今回は御門徒さんです)
2021年03月16日
13日緊張しながらも仏前結婚式を執り行うことができました。県内の親戚に限らせていただいたこともあり、一部リモート参加してもらいました。コロナの影響は至る所に変化をもたらしました。今回も延期の末の開催でもあり、参加者の縮小による内容の変更もありました。そんな中でしたから、思わぬ出来事もありました。とにかく冠婚葬祭はすべて生きていく緊張感を与えてくれます。(画像は仏前結婚式終了後のホッとした様子です)


戻る