コロナウイルス緊急時の法要

報恩葬 儀礼ではなく法要  
B法要の意味 報恩葬として勤める
【通夜】 人間の営みは伝承にある
 故人の生き方を訪ね、生き方に学び、これからの遺族の生き方を方向づける。
→通夜布教は非常に大きな意味をもちます。仏として出遇うことは人間としての使命と言ってもよい事柄です。

 人間は間柄を生きています。濃密であればあるほど、関係を生きることに迷い悩んでいくもです。誰でも一度は訪れる死という事柄は、この関係性を考える大きな機会です。目をそらすことなく、はっきりと観ていくことが大切です。
通夜は20分から30分

【葬儀】報恩葬 尊い命の意味を訪ねて知ること
→迷い多き世界にあって浄なる世界へと歩む、その出発点。人間にとって大切な三要素が含まれている。
葬儀は20分程度 三十五日を含めると30分程度B法要の意味  報恩葬として勤める
【通夜】 人間の営みは伝承にある
 故人の生き方を訪ね、生き方に学び、これからの遺族の生き方を方向づける。
→通夜布教は非常に大きな意味をもちます。仏として出遇うことは人間としての使命と言ってもよい事柄です。

 人間は間柄を生きています。濃密であればあるほど、関係を生きることに迷い悩んでいくもです。誰でも一度は訪れる死という事柄は、この関係性を考える大きな機会です。目をそらすことなく、はっきりと観ていくことが大切です。
通夜は20分から30分

【葬儀】報恩葬 尊い命の意味を訪ねて知ること
→迷い多き世界にあって浄なる世界へと歩む、その出発点。人間にとって大切な三要素が含まれている。
葬儀は20分程度 三十五日を含めると30分程度

【三十五日法要】(中陰法要)
 法要のある生活を考えるならば、感染症が落ち着いたあとに三十五日法要ならびに四十九日法要を勤めてもいいのではないでしょうか。(納骨も同様)
→法要のある生活へ
迷い(一元的・閉塞感)の中にあって目覚め(多元的・開放感)の生活を生きる。


【三十五日法要】(中陰法要)
 法要のある生活を考えるならば、感染症が落ち着いたあとに三十五日法要ならびに四十九日法要を勤めてもいいのではないでしょうか。(納骨も同様)
→法要のある生活へ
迷い(一元的・閉塞感)の中にあって目覚め(多元的・開放感)の生活を生きる。
【新型コロナウイルス感染症流行下での法要マナー】

下記の内容はほぼ東本願寺から出ている文言です。
(真宗仏光寺派梵行寺においても、しばらくこの内容に沿って勤めさせていただきます)

1 法要前には必ず、手洗い・手指の消毒を厳守ください。
  また、参列者にも同様に手洗い・手指の消毒を徹底いただくよう依頼ください。

2 常に咳エチケットを心掛けるとともに、勤行・読経の際にもマスクを着用ください。
  また、参列者にも同様にマスクの着用を徹底いただくよう依頼ください。

3 感染リスクを減らすため、3つの「密」を避けてください。
   @「密閉空間」を避けるために、できるだけ換気をしてください。
  A「密集場所」を避けるために、参列者にできるだけ間隔をあけて着席するよう促してください。また、お焼香も間隔をあけるよう配慮くださ    い。
  B「密接場面」を避けるために、間近での会話や対面による会話を可能な限り、避けてください。※法話は一定の距離(2メートル以上)を    あけてください。

4 37.5℃以上の発熱や体調の優れない方には、法要への参列を控えていただくよう依頼ください。

【葬儀】      
@コロナウイルス感染拡大を避けるため、簡略化しながらも教えの要と儀礼(セレモニー)の意味を失わず、人間として間柄を生きた在家の信 者と遺族の出遇いの場としての法要を提案します。(葬儀の場合 詳細は別紙)

A喪主、ならびに親族の方が感染症を心配されている場合は、できるだけ中心軸を省略せず、下記の時間内において勤めさせていただきます。また、避けがたい理由がある場合は更なる略葬とし、後日落ち着いてから法要を勤めることをお勧めします。セレモニー関係者の方にもご理解とご協力をお願い致します。

【本堂での法要に際して】
本堂入り口付近と本堂内に消毒液を用意しております。入堂時、法要終了時にお使いください。また、人数等ご相談の上参拝ください。椅子席の間を十分とってお参りいただくよう配慮しております。


戻る