経典の人々

舎利弗と目連@
 人が人生から賜るもののなかで、最大のものは師と友であります。ともに喜んでくれる人がいてくれなければ喜びもむなしいものでしかありません。ともに悲しんでくれる人があるとき、悲しみもまた耐えることができます。友なき人生は、どれほど富に恵まれていても、心貧しい人生でしかありません。
 仏弟子のなかで、その幼年から晩年にいたるまで、変わることのない友情にむすばれていたのが、舎利弗(サーリブッタ)と目連(モッガラーナ)であります。仏の十大弟子のなかで、先の阿難が多聞第一と尊ばれていましたように、舎利弗は智慧第一と称され、目連は神通第一とたたえられていますから、どちらかといえば舎利弗は思索型であり、目連は行動型の人であったのでしょう。その二人が終生、互いに補いあい、支えあいながら、同じ道を歩み続けたのです。
きょう梵波堤(ガヴァンパティ) 解律第一(戒律の意味を理解することにすぐれていた)
ベナレスの長者の子で、その顔が牛に似ていたので、 牛王とよばれていたといいます。彼は、日頃親しくしていた友(ヤサ・耶舎)が出家したため、 その後を追って出家したのですが、 これには次のような話が伝えられています。耶舎は、放蕩にすさんだ生活をしていましたが、ある夜眠りこける伎女たちの醜い姿を見て厭世の心にかられ、ただれるような歓楽に明け暮れる生活から逃れようとしました。 そして、家を出てさまよい歩いている時お釈迦様に出遇い、その端正な姿にうたれて、教えを受け出家しました。これを聞いた橋楚波堤も、 他の三人の友と共に出家し、舎利弗を先生として解律第一(戒律を理解することに秀でていた。その一つ一つが何ゆえ守る必要があるのかについて、最も精通していたのが、ガバンパティ)
といわれるようになりました。 きょう梵波堤はインド中央部を離れて、多く辺地に住み人なかをさけて静かに独り修行を楽しんでいたということです。

ルールはなぜ守らなければならないか?ルールを守ることによって成り立っている人間社会。時には息が詰まることもあるのですが・・・。
◎摩訶倶ち羅(まかくちら)(マハー・コッチタ)  四弁第一(問答第一) 雄弁
 舎利弗の母の弟で、甥の舎利弗が出家して、お釈迦様の弟子になった姿を見て、自分も仏教を求めたということです。弁才にすぐれ問答第一・四弁第一と言われます。大きな膝をして、学ぶに懸命で爪を切る暇もなく「長爪(そう)梵士」とも言われたそうです。
人間にとって言葉は非常に大事な意味を持っています。それだけに誤解が多いこともあります。一度いった言葉はやり直すことが出来ません。
 四無碍弁という智慧を持っていました                                
@法無碍 教法に通達している 一切の法義をわきまえている
A義無碍 義理を知り尽くす
B詞無碍(辞無碍) 各国語に巧み
C弁無碍(楽説無碍) 説法の自由自在なこと  衆生の欲するところを知る
聞くことの難しさ 大切さ
盲亀浮木
ある時、釈迦が、阿難(あなん)という弟子に、「そなたは人間に生まれたことをどのように思っているか」と尋ねた。
「大変、喜んでおります」
と阿難が答えると、釈迦は、次のような話をしている。
「果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる。
その盲亀が、百年に一度、海面に顔を出すのだ。
広い海には、一本の丸太ん棒が浮いている。
丸太ん棒の真ん中には小さな穴がある。
その丸太ん棒は、風のまにまに、西へ東へ、南へ北へと漂っているのだ。
阿難よ。百年に一度、浮かび上がるこの亀が、浮かび上がった拍子に、丸太ん棒の穴に、ひょいと頭を入れることがあると思うか」
阿難は驚いて、「お釈迦さま、そんなことは、とても考えられません」。
「絶対にないと言い切れるか」
「何億年掛ける何億年、何兆年掛ける何兆年の間には、ひょっと頭を入れることがあるかもしれませんが、無いと言ってもよいくらい難しいことです」
「ところが阿難よ、私たちが人間に生まれることは、この亀が、丸太ん棒の穴に首を入れることが有るよりも、難しいことなんだ。有り難いことなんだよ」と、釈迦は教えている。
ラーフラA 愛の正体
甘え?→正当に評価されない空しさ
素直さゆえに問いも少ない 身につかない
問いの少ないラーフラゆえに、 そのための戒を与えられた。
戒律とは、 普段当たり前にしていることが、今一度教えによって、果たして当たり前のことなのかと問い直すこと。
五戒 戒律の基本
不殺生 不像盗 不邪淫 不妄語 不飲酒
→ここに問いが生まれなければ意味がない

愛を渇愛とする仏教の精神の根底
魔の四軍 仏道精進の段階
1楽欲 その日その日を楽しく過ごせればよい。無理なことはしない。
2不快 心身の苦痛を避けたい。辛いことも避けたい。
3飢渇 孤立するばかりでなく、生活苦に迫られる。道を求めていくと食べていけ
 なくなるのではないかという思いが生じてくる。
4渇愛 どんな苦悩・苦労も厭わなかった者も、自分が愛するものに惑わされる。
 道を求めるよりも、 家族の方が大事ではないかという思い。
ラーフラ  釈尊の子としての悩みと罪
ラーフラ(密行第一)一般の仏弟子には思い知ることもできないほど数多くの戒律を持つもの
ラーフラ(心を東縛し、悩ませるものと釈尊は自分の息子を命名した)

お釈迦様の命名

お釈迦様が人生に悩み、真実を求めようとしているとき、 周囲の計らいにより若く美しいヤーショーダラ姫を妻として迎え、やがてめでたく赤ちゃんを授かりました。
その時お釈迦様は息子にラーフラと名づけました。ラーフラとは、「邪魔」「悪魔」と訳される言葉です。 なぜそのような名前をつけられたかを考えてみると、 お釈迦様が真実の法を求めて城を出るに当たり、 可愛いお子さんに対する恩愛の情が「邪魔」をしたことに拠るのでしょう。法を求めるのに障りとなった子、悪魔の子ということで後の者たちからそう呼ばれたものと想像されます。
真実は父なるお釈迦様が名付けたものではないでしょう。 そのラーフラが後に、父・お釈迦様に導かれて出家されたことは、 その証しでもあります。
親の願いといえば私たち門徒は、阿弥陀仏の願いに生かされ生きることが何より大切です。迷信や占いなど根拠のない統計学的なものに振り回され易い私たちに、力強く大道を歩む大きな願いなのです。
命名にあたり字画などにこだわることなく、つながりあるいのちという、大きな視点で命名して頂きたいものです。
薄拘羅(バックラ)A  長寿第一 人生の背景・深み
長寿第一とは    人生の背景・深み

 「誕生」「敬老」

 何も知らないで、ただ親を信じて無邪気に泣きながら誕生する赤ちゃん。親であれば、一度は経験する感動の出会いの瞬間です。それは、いのちの歴史の中で、何兆分の一の出会いであり、親子という関係を超えた、一対一の出会いの感動とも言えます。そして、親は子の成長と自立を願って、名前にその意味を託すのです。

  「誕生と共に一歳」

 人のいのちは、直接は母の胎内に生を受けたときからスタートしているので、出産して初めて寿命が始まるというものではありません。人間は生きもののなかでも一番成長が遅く、世話と迷惑をかけなければ生きていくことが出来ない生き物です。
 それをゼロからの出発ということで、生きるということの背景を削除する生命のとらえ方は、愛情に育まれ、無事出産できたことなどは無になってしまいます。
いのちというものは無限・無量のいのちの歴史を背負っている存在です。そうしたことの忘却が、今日いのちの大切さがわからず、殺傷沙汰が頻発する背景でもあります。一年というのは、いのちの歴史を辿る確かな智慧であり、計り知れない重いものなのです。

私たちは老いを嫌う傾向にあります。あらゆる事柄が、自分を窮地に追い込み、若かりし頃の盛んだったこと頃と比較して、ため息が続く日々が多いことも事実です。しかし、本来の「敬老」というのは、大人の智慧を表します。自分の思い通りにならないこの人生を生ききる智慧ある者のことなのです。自分の思い通りに生きている時こそ、私たちは人を傷つけ土台にしていることに気づきません。老いという思い通りにならない現実の前に、人間は謙虚に冷静に人生を見つめ直す智慧が与えられるのです。そういう意味で老いを敬うとは、人生の集大成なのです。迷惑がかかる、かからないという近視眼的な生き方も大事ですが、より深い悲願とも言える智慧の生活を送りたいものです。
薄拘羅(バックラ)  長寿第一  親の願いを一心に 迷惑?ありがたい?
この方は百六十歳まで生き、長寿第一といいます。不殺生戒をよく守り、少欲簡素であったためといわれています。『大経』では「尊者・仁性」と記されています。

テーラガータ(長老の偈)などによると、ヴァンサ国、コーサンビーの長者の子。両親から寵愛されたが、ある日、実母がヤムナー河で彼を抱き沐浴していたら、あやまって落とされて大魚に呑まれてしまった。やがてこの魚がつり上げられて、その下流に当るパラナシーの長者の娘がこの魚を買い、料理しようとして腹を割くと、彼が出てきたといわれる。この娘は子宝に恵まれなかったので非常に喜び実子のように育てた。

これを伝え聞いた実の親は、それこそ我が子であるから返してほしい、と懇願するも育母は許さず、ついに国王の裁定により、双方共有で育てるように申し渡された。
彼が結婚する際も生れと育ての両家でそれぞれ嫁をめとったという。彼の名がヴァックラ(重姓、仁姓、類親など)というのは、これに由来するという。
阿那律 (阿ぬ楼陀)A
自分の立てた誓いを守りぬこうとしただけのことではなく、たとえ失明してしまうことになろうと、二度と釈尊の言葉を聞き洩らすまいと、心をすませ、ひたすらに聞法に徹したためであったのです。だからこそ、阿那律は、肉眼を失いはしましたが、後に仏弟子中天眼第一と尊ばれるほどに、その心の眼を開くことができたのです。

天眼(オレの掲示板より)
 天眼とは純粋に物事を見る眼と言ってよいでしょう。しかし、境内の草をむしりながら、ふと十年以上前のことが思い出されました。
娘の友達が新潟を訪ねて来た時のことです。車で案内しながら「新潟は何にもないところだよ」と言いましたら、彼女は田んぼを見て「すごくきれい。緑の絨毯だ」と言って、本
当に感動した様子でした。
私の眼はまさにいろめがねで見た風景だったのです。そんな眼で見られている草もかわいそうです。どうしようもない眼なのか、だからこそ視点が広がっていく可能性をもった眼
でもあるといえるのではないでしょうか。
阿那律 (阿ぬ楼陀)@
祇園精舎で説法をされていたときのことです。その日も阿那律は多くの仏弟子がたと、釈尊の言葉に耳を傾けていました。
ところが、その日は余程疲れていたのでしょう。いつのまにか、ついうとうとと居眠りをしてしまっていたのです。ハッと気がついて、あわてていずまいを正した阿那律の姿が釈尊の目にとまりました。
 「阿那律よ、お前はなんのために出家したのですか。王の法律を恐れて、心ならずも出家したのですか。それとも盗賊から逃れるために、仕方なく出家したのですか」
 阿那律は、居眠りしてしまったことをふかく恥じながら答えました。「世尊、私はけっして心ならずも出家したのではなく、また仕方なく出家したわけでもありません。ただ、この老・病・死をかかえた生を愁え、悩み、その苦を離れて、たしかな命を生きたいと願って出家したのです」
その答えを聞かれた釈尊は、言葉をあらためて、阿那律を叱責されました。
 「自分自身、法を求めずにはおれなくて出家した者が、なぜその法を聞く席で居眠りなどするのですか」
阿那律は、全身を雷に打たれた者のようにふるわせ、釈尊の前にひざまつき、合掌しながら、声をしぼり出すようにして誓いました。
 「釈尊よ、私は今日の居眠りを恥じて、これから後は、この体がたとえどのようになろうとも、けっして、釈尊の前で眠るようなことはいたしません」
事実、それから後、阿那律は、このときの誓いを守って、釈尊の前で眼を閉じるようなことは二度とありませんでした。そのため阿那律の眼はそこなわれ、ほとんど失明するばかりになりました。心を痛められた釈尊が、名医者婆に阿那律の眼を診させられたのです。しかし阿那律はその者婆の忠告をも聞かず、それからも眠ろうとしません。そのために、とうとう、その眼を失ってしまったのです。


戻る
次へ