お盆法要

新しいスタイル
何事も生きているということは変化しているということです。人間は変化しているにもかかわらず変化を好まないのも事実です。お盆の墓参りを本堂での法要スタイルに変更したのも、人間によってなされたものではありません。自然現象(熱中症)や感染症による要因がほとんどです。木がなくなり、人の移動が激しくなった。これは近年急激に変化している事柄です。当然スタイルも変わらざるを得ません。それではどのように変わればいいのでしょうか。
やはり
分散してお参りいただくために、かなり日数をとりましたが何といっても13日にお参りされる方が圧倒的でした。全体の3分の2の方が集中されたようです。もちろん、コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえて13日以外にお参りされた方も多かったのですが、やはり13日でした。それと今回のお盆法要としての意味を考えると、新しい形にするのもよいのではないかという意見もかなり多く見受けられました。
11日間の法要から
今回はコロナウイルス緊急時の法要として勤めさせていただきましたが、違った角度から見えてきたこともたくさんありました。72回に渡る法要の中で、墓参をせずに本堂での法要において焼香し法話をさせていただく。そこへ足を運んでいただくことへの理解と勇気はこれから再度お話をお聞きしたいところです。準備はもちろんですが、これからの法要のあり方を考える上でも、整理してお伝え致します。
密にならないが顔が見える
拡大して勤めさせていただいてるお盆の法要も4日が過ぎました。墓参りと違って、思いがけないことも多々あります。十分準備したはずですが、それはつもり違いというものかもしれません。ただ、13日をまだ迎えていない現状にあっていえることですが顔の見えるお盆の法要であるといえることです。(適当な距離を保っていることによって見える事柄があります)
お盆法要
今年はコロナウイルス感染拡大から法要そのものの勤め方を変えることになりました。その第一日目が今日8月8日です。午前中は新盆法要を勤め、午後からは例年通りのお盆法要です。午後から四回に分けての法要となりますが、是非とも自身を立ち止まって見るよい機会としていただだきたいと思います。
新盆
今年は例年とは違い、8回に分けての法要です。読経・焼香の後、一口法話を各回ごとにさせていただきます。1日・2日は各2回ずつ、8日・9日新盆2回を含み16日まで各日6回の法要を勤めます。なるべく密を避けながら、尚大切な法要として勤める新しい形式にさせていただきました。まず1・2日は定員20名以内の法要でした。
今年のお盆は一口法話
コロナウイルスによる非常時にあっても、大切な法要としてできるだけ分散してお参りしていただくように協力していただきたいと思います。また、暑さ対策も考慮した法要とさせていただきます。

※東京・関西から僧侶の応援が望めないことも考えられます。そのため
@8月13日にお参りが集中しないこと
Aお盆は本来自分の先祖のみ供養するのではなく多くの人に施す
B生きている私たちのための法要
C暑さ対策
  など原点に帰った法要としてお盆を迎えたいと思います。

一口法話の時間を設けさせて頂きますが、なるべく密にならないよう注意をしながら進行させて頂きます。

昨年はかき氷の露店がございましたが、今年は残念ながらございません。来年以降に復活できたらと思っています。
今年のお盆は  ソーシャルデスタンス
人は一定の距離を保てないと
  時には争い 時には孤独になる

  人に与えられている時間は
  意外と短い

  人に与えられている空間は
  デリケートなのに気づかない

  時間は30分 定員は各法要20名
  換気と消毒とマナーを守り

  大切な法要には一家族4名迄
 是非ともご参加ください
今年のお盆法要ならびに新盆法要について
今年は例年通りの法要とは違ったスタイルで行うことを検討しております。7月早々に新盆法要、そして盆参会と墓参についてそれぞれご案内します。本来の意味にお盆に立ち返る機械とも捉えています。皆様のご理解を得ながら進めております。

【盆参会ならびに墓参編】         自尊尊他
 お盆のいわれともなった親子愛の物語は、自己満足では生きられない人間生活の有り様を示唆しています。
 
 目連尊者の母親は、目連尊者を可愛がってはいましたが、我が子のためならば、例え物資や財に余裕があっても、人々に施すということをしませんでした。親子愛、息子に対する愛が執着の愛となり、三毒の煩悩に侵されてしまいました。そのために、母は餓鬼道に堕ちてしまったということです。母親の心理としては、我が子優先したいことはもっともな話ですし、親としては何が悪いのかとも思うことです。
 子煩悩と言われる言葉があるように、決して悪だなんて決めつけられることではありませんが、親子愛がやがて執着になり、「我先に、我が子こそ先に」という気持ちが、時としてどのように変貌するか、そのことを目連尊者の母親は教えてくれています。ウイルス感染拡大が叫ばれて今、自分や自分の愛する人を心配するのは至極当然ですが、同様に心を配ることはたくさんあるのではないでしょうか。
お盆から学べること
目連尊者は神通力第一と言われて、特に親孝行な人でした。ところがその神通力によって、目連尊者の亡きお母さんが、痛ましいことに、餓鬼道に堕ちて苦しんでいることが分かりました。目連は深く悲しんで、すぐに鉢にご飯を盛ってお母さんにあげようとしましたが、お母さんが喜んでそれを食べようとすると、たちまちそのご飯は炎となって燃え上り、どうしても食べることができません。

 目連尊者は悲しみ、お釈迦さまに、「どうしたら母を救えるでしょうか」と尋ねました。その時、お釈迦さまは「母親だけを供養するだけでは救われない。この7月15日(旧暦では8月)に、飯、百味、五果等の珍味を十方の衆僧に布施しなさい。布施の功徳は大きいから、亡きお母さんは餓鬼道の苦難から救われるでしょう」
と教えてくださいました。目連尊者が、お釈迦さまの言葉通りにお盆に盛って布施をすると、お母さんは、たちどころに餓鬼道から救われた。

【お盆から学べること】
 盂蘭盆(ウラボン)はサンスクリットですが、漢訳では「倒懸(とうけん)」ということで、倒(さか)さに懸(かか)れる者ということです。では、「さかさに懸って苦しむ者」とは誰のことでしょうか。
 死後にだけ餓鬼道があるのではありません。有るも苦なら、無いのも苦、「有無同然」です。無ければほしい、有ってもほしい、欲しい欲しいと飢え続け、かわき続け、うらみ続け、満足ということを知らず苦しんでいる状態のことを言っているのです。

【こんな時こそ】
「今は忙しいから、余裕ができたら、遠いから」といっている日々の中で、供養する存在ではなく供養されている存在に気づく時が「お盆」であり、コロナウイルス感染拡大の中で大切なことを気づかされる毎日です。



戻る