21掲示板2

大集経から
大集経というのは大変興味深い内容が書かれています。人間の弱さの賜物といってもいい事柄がたくさん出てきます。そこには鬼神や魔と言った問題にもふれていますが、それはすべて人間の内面の弱さと怖さを表現しています。目に見えないモノを何とか理解しようとする、現代も同じです。
肩の荷
大焔肩仏という仏様がいます。肩は担うという意味で、人や物を担い、責任も担います。また別名で大光蘊仏とも言われています。蘊とは集まりという意味です。腰には、首に匹敵するほど数多くの神経が集まっており、末梢神経が束になって通っています。この末梢神経は、腰から首にかけて通っている背骨によって守られています。そのため腰を痛めると腰だけではなく様々な部分に影響を及ぼすのです。
また、腰の骨盤は、腹部全体を支えており、生殖器や消化器、泌尿器を保護するという重要な役割があります。その肩や腰を痛める原因は自分が頑張らなければ、どうにもならないという大きな責任感とも言えるものです。しかし、そこに自身の限界を超えたシグナルを送ってくることがあります。仏法は頭だけだはなく、身体から呼びかけても来るのです。
彼岸会
稲は夜になって光が弱まってから安定した呼吸をして成長し、穂が実るそうです。安定した温度や光によって育てられると、稲穂の呼吸・音が聞こえるそうです。いのちをもった稲は、呼吸をしているのですね。
執着
人間は何かにとらわれながら生きています。案外他人から見るとつまらないことに執着して、苦しんでいます。プライドだったり、他人の評価だったり。しかし、その執着ゆえに苦しみが増していることに気づかないのです。ただ唯一執着しなさいといわれるのが念仏なのですが、わかりにくいことです。
長寿社会
仏法を聞くことが困難な理由の一つに長寿天という世界をあげられています。生きていることに緊張感がなく、死というものが感じられない世界です。さらに言えば、あらゆる恩恵を享受しながら当たり前になっていく世界です。そういう感覚は、年配ということではなく自分の一番素晴らしい状態に立ち止まっている状態を言うのです。力がなくなった自分を認められない世界でもあります。
お盆
今年のお盆は擬木が倒されるということが起こってしまいました。倒そうと思って倒したのではないことはわかっていますが、その心をわかり合い、いたわり合うということは大変な勇気が共に必要です。お盆というのは分かち合うという精神が根本に流れています。是非とも同じ事柄を分け合いましょう。
わかっちゃいるけど やめられない
これは植木等のヒット曲「スーダラ節」の一節です。わかっていながらやめられないという人間の弱さ。本当に分かっていればいいのですが、一方でわからないから永遠にやめようという意志さえも起こさないのが人間です。本当に悪いという自覚があれば、必ず変化が起きるものですが、永遠と気づかないことの方が多いのでは・・・
迷い
選択肢が多いのは誠に結構ですが、多ければ多いほど迷うものです。四方八方に走った末、どこに進んでいるのかわからなくなることがあります。迷うことも一つの通過点ですが、通過点と感じることが出来たら一歩前に進むことができるのではないでしょうか。選択するとは捨てるものが見つからないと出来ません。
つもり
つもり十ヶ条というのがありますが、気持ちはあるのですが中々行動に移せない場合も多いのではないでしょうか。できるつもり、やれるつもり。つもりにもいろいろのつもりがありますが、仏教的に言えば「はからい」です。計らう、人生は計画通りに行かないのが常ですが、十分そのことを受け止めたところに懺悔があります。懺悔は謝ることではなく目覚めなのです。目覚めたらそこには自ずと新たな世界が開かれます。
私物化
自分さえも思い通りにならないのに、いろんなことを思い通りにしようとして苦しんでいるのが私たちです。すべての苦しみは私の思うように出来ないことからきているのです。そんな自明のことも、すぐ忘れて私にこだわると、あっという間に壊れてしまうことは歴史が証明している真実です。


戻る