21日誌

2021年03月13日
きょう13日は次男の仏前結婚式です。県内親族に限って行われますが、厳かに勤めさせていただきます。その内容については改めてご報告したいと思いますが、その翌日から差向布教が待っています。久しぶりであり、コロナ禍にあってお伝えすることは焦点をしぼってお話ししなければならないと思っています。限られた時間、与えられた時間の中で私たちの指針が少しでも見えてきたらと思っています。
2021年03月11日
いよいよ仏前結婚式が近づいてきました。準備も大詰めに入り、走り回っています。そういう状況になると、思わぬ出来事もたくさん入ってきます。とにかく本堂内はもちろん境内においてもたくさんの人から動いていただいています。人間は何かないと一生懸命動くというが苦手のようです。(画像は前撮り)
2021年03月08日
駐車場にあった山積みされた雪もあとわずかとなってきました。春休みも近くなって、子供たちが遊びにやってくる陽気にもなってきました。昔であれば自由に遊ぶことができたのでしょうが、最近は事故があると大変なことになります。そんなこともあって、こちらとしても繊細になると同時に気配りもしています。子供たちもわきまえている子と面倒くさいと思う子がいて、接する難しさも感じています。先日、こどもたちが「スケボーしてもいいですか?」と挨拶をしてから遊びに来ました。どちらも挨拶をしてから伸び伸びと時間を過ごすと気持ちいいですね。
2021年03月02日
3月には仏前結婚式が2組執り行われます。そのためのリハーサルを2月28日に行いました。何度となく行っている仏前結婚式ですが頻繁というわけではありませんし、当然新郎新婦は初めてのことです。緊張しながらも、和気あいあいとしてリハーサルは進みました。本番を楽しみにしています。もう一組は12日にリーサルを行います。「誓いの言葉」は、簡単なようで、普段使い慣れていない言葉でもあるので、よく練習してきてください。
2021年02月27日
厳しい冬が終わり、雪がとけたあとに見えてきた物がいくつかあります。いくつかというよりたくさんあると言っていいでしょう。その中から自然の厳しさのを表すものがあります。当然、自然の中では寒さをしのぐことができなかった生き物もいました。それを表すものもありました。一方、毎年のように雪の中でジッと耐えている生き物もいます。それもたくさんいるのですが、きょう目にとまったのはクリスマスローズでした。本当にあれだけ積もった雪の下敷きになっても芽を吹き出す、すごい生命力です。
2021年02月21日
少子高齢化といわれて久しいのですが、子供たちの賑やかな姿を見るとうれしくなります。兄弟が多いと、いろんな知恵と能力がついてくるような気がします。それは偶然なのかもしれませんが、今日お伺いした家庭には昨年五番目の子供さんが誕生しました。初めてその赤ちゃんと会ったのですが、人の気配も微動だにしません。これは偶然なのか、環境なのか。思い込みはいけませんが・・・。
2021年02月18日
久しぶりにまとまった雪が降ってきました。しばらく除雪機もお休みしていましたが、17日・18日は寺子屋教室の日ですので稼働しました。雪が降った言っても量としては多くなく、さらにさらさらとした雪ではないので結構気をつけながら運転をしなければいけません。重い雪、落ち葉や砂利などがからむと大変なことになります。除雪機を回していたら、後ろから何気配が?子供たちが静かについてきました。間に合ってよかったです。
2021年02月15日
最近は様々な要因から、独居家庭が増えています。それは一人暮らしというだけではありません。親族や家族がいても孤独なのです。その一つの表れが「枕経」をどこであげるかという問題とも関連しているのです。
自分が主となるのか、主をはっきりと見る生活をしているのか。自分自身の行動の根拠は何か。一瞬一瞬、その場その場を大切にしているか。人生の大切な場面において考えさせられ、日常に戻らなければならないということです。
「随処に主と作れば、立処皆な真なり」という禅語があります。どこへ行っても主になって、主体性を失うな。中心となる原点がはっきりしていれば、帰る場所・行き往くところがあり、そうすればその人の行動には間違いはないものとなると示している言葉です。これを、どこへ行っても自由に勝手なことをしてもよいと解釈すと、大変な間違いを犯すことになるのです。二面的な解釈が今なされている社会だからこそ、法を要とした生活に立ち戻らなければならないのです。「魔郷に止まるべからず・・・涅槃の城に入らん」
2021年02月12日
「いつ死んでも大往生 覚悟はよろしいか 葬式坊主からの伝言」という本をいただきました。そのタイトルの通り、最近の葬式の変化はめまぐるしいものがあります。著書の一部を紹介いたします。

現代を象徴する孤独死

 人間関係の希薄化を象徴するものに孤独死があります。法律上は孤独死の定義はありませんが、主に独り暮らしの者が、誰にも看取られることなく、当人の居住内で生活中の突発的な疾病などによって死亡するのを孤独死と呼んでいます。
 孤独死に明確な定義がないため、全国的な孤独死の統計データぱ出ていませんが、東京都監察医務院の推計によれば、平成三十年は全国で二万人以上あり、東京都では過去十五年間で大幅に増加する傾向がみられたといいます。独り暮らしが増加すれば孤独死も増加するのは当然のことです。むろん孤独死は昔からありました。地元下鈎でも独り暮らしの三人の方が孤独死されました。いずれの場合も半日以内に発見されています。しかし、都市化すれば死臭が漂って初めて発見されるといった事態になります。
 また、平成二十二年に放映されたNHK特別番組の書籍『無縁社会 無縁死 三万二千人の衝撃』によれば、無縁死の数は火葬と埋葬費用を税金で賄った件数から割り出されたものです。無縁社会では人生の最終章で心を通わす相手がいないのです。
 関係的存在を生きる私たちは、我が家で臨終を迎えたいという思いがあります。それは動物の持つ本能的な欲求であり、そこには生かされて生きてきたことへの感謝の気持ちと遺る者の幸せを願う思いを伝えようとする気持ちが秘められています。我が家で臨終を迎えるに越したことはありませんが、死の縁無量ですから、看取られることなく死ぬことだって十分あります。たとえ看取られなくても、関係的存在を生きた人であれば、心の拠り所を支えに安らかに死んで行けます。
 それより孤独死が問題なのは、亡くなる本人ではなく、後に遺る者に何も伝わらないことです。青木新門著『それからの納棺夫日記』に、三十年間勤めた東京の大学病院を辞職して岐阜県の故郷に戻り、在宅介護に携わる往診医が紹介されています。転機となったのは、身寄りのない老婆が亡くなる間際に「先生、こっち向いて」と一言って、にっこり微笑んで息を引き取ったことです。臨終の看取りは人生をも変えるほどの力があります。
 臨終に立ち会うことは、故人の人生を受け取ること、もっと言えば故人を支えた生き方を受け取ることです。孤独死は、故人の周囲からの孤立という空間的断絶のみならず、生き方が伝承されないという時間的断絶という側面を持つものです。
2021年02月09日
今、新潟日報では変わりゆく葬儀の形を特集しています。セレモニーとしての変化、精神的支柱の変化に注目しているようでもあります。この二つは必ずと言っていいほど変化するものです。今更という感がありますが、コロナによってスピードが速くなったのは事実です。私たち僧侶として、あるいは人間として問われているのが、これからのコミュニティーではないでしょうか。ある意味、宗教的セレモニーは、人間に大切な事柄を数多く教えてきました。その検証をした上で、理解を得る内容に変化していくように道筋を立てていかなければならないのでしょう。私たちにとって大切なこととは「聞く」というごく簡単で難しい問題です。
2021年02月06日
冬になって侵入してくる生き物の足跡です。今年は雪が深く、境内のあちらこちらで見られます。境内は、人間だけが行き交うところではなく、多くの生き物がいるのです。雪が降って見えることもありますし、雨が降って見えることもあります。今日も足跡だけでなく、違ったもの見えるかもしれません。
2021年01月31日
お楽しみ会では福袋を用意しました。13名の参加者に好きな福袋を選んで持って行ってもらうのですが、まずは持って行く順番を決めました。その中で13番目を引いた人に「残り物には福がある」という言葉をかけました。1番の人から順番に選んでもらい、とうとう最後の一つになりました。そしていよいよ福袋を開けていただいたら、何とその袋の中に1等賞が入っていました。新年早々本当に言ったとおりになり、大当たりでした。
2021年01月28日
20日に予定していました3Bの会、新年最初の会が行われました。先週は駐車場の除雪作業が間に合わなく、やむを得ず中止させていただきました。今週は何とか天候にも恵まれて開催することができました。今年最初ということもあって、少し趣向を変えさせていただきました。前半は体操、後半はお楽しみ会を用意しました。そこでは何とも面白いことが起こりました。それは冗談が本当になったというべきことでした。
2021年01月25日
昨年から引き続きコロナ禍での授業や試験が行われていますが、新潟県でも私立高校の受験も始まっています。先日早速朗報が届きましたが、入学してからも今までのように安心安全な通学や授業はしばらくの間は望めないことでしょう。しかし、何といってもスタート地点に立てたということは、一安心です。大雪とコロナ禍での受験は一生の財産になることでしょう。また、元気な顔を見せてください。
2021年01月19日
雪が降ると今までにないことが見えてきます。道が狭くなり、少しでも急ごうとするこころが見える時。お互いに譲り合い、助け合わなければ進めない時。意外な自分と出会います。ここのところコロナウイルス感染に関するニュースもまた、同じような状況を見せています。果たして人間というものは、いかなるものなのでしょうか?それと、これは何でしょうか?雪の中にあったある物です。
2021年01月13日
2月発行の「恵日」の元原稿を書いています。その後画像や文章を当院に渡し編集作業に入り、校正を経て完成となります。今年に入り雪が例年以上に積もったこともあり、内容を少し変えたいところではありますが、一部の変更に抑えようと思っています。原稿の中には「ほとけの子」というコーナーがありますが、何とSDカードが入っておらず撮り直しをさせていただく場面もありました。赤ちゃんや子供さんの写真を撮る場合、タイミングがあるので本当に失礼致しました。そして、ありがとうございました。(画像は本人とは違います)
2021年01月10日
いよいよ学校が始まりました。非常に厳しい状況下にありますが、子供たちが元気に学校へ行ったことでしょう。除夜の鐘では、小学生・中学生が鐘を撞きに来ました。特に中学生は高齢となった撞き納めを担当しました。今年から昼の部を行いましたので、少し変則的になったのですが、最後まで一生懸命撞いてくれました。新学期早々厳しい天候が続いていますが、リラックスしてよい緊張感の中で受験を迎えてください。
2021年01月07日
ちょっと2020年に戻って、スタイルを変えた除夜の鐘と歳暮法要について。今までは一年の最後に勤める歳暮法要は、ごく家族だけで勤めてきました。何とか一般の方にも参加していただきたいということと、除夜の鐘を撞いたことのない方のために時間を変更致しました。歳暮法要については20名ほど、除夜の鐘第一部・昼の部についても40名以上な方が初参加していただきました。歳暮法要と除夜の鐘の意味などもお話しさせていただきました。(歳暮法要)
2021年01月01日
2020から2021の除夜の鐘、ならびに歳暮法要のスタイルを変えました。夕方から歳暮法要を厳修し、その後昼の部として除夜の鐘、そして午後11時45分頃より除夜の鐘夜の部として行いました。画像は2019年の年末、ライトアップした鐘楼ですが、初めて行った今年の除夜の鐘昼の部にはいままでおいでいただかなかった多数の方から参加してもらいました。画像は次回。
2021年01月04日
見事な今年のスタートになりました。私たちはいつの間にか慣らされてしまって、正月に雪が降ることを忘れていたようです。除雪作業をしながらのご年始は、私の記憶では35年ぶりになります。当たり前の日々が続くと大切なことを忘れがちですが、積雪の中で助け合うということを思い出したようです。


戻る