オレの掲示板3

自体満足
人生真面目に生きていると、見えないものが見えてくることがあります。一番見えないものとは何か。それは自分白身なのでしょう。初めて会った人に自己紹介をする時に、それは本当に自分白身といえるものなのでしょうか。案外それは自分ではなく、自分を飾るもの、自分以外のものを紹介しているのではないでしょうか。

 「あんただれ?」 「オレだよ、○○大学卒業して。○○社に入ったオレだよ」
素直に オレはオレに生まれて良かった。お父さん、お母さん、みんなに出遇えてよかった」といえる自分のみが、すべてのアクセサリーを取つ払った自己紹介なのでぱないでしょうか。
華のある人生
 華の美しさばかりに心が奪われて、大切な根や葉を忘れがちです。
 花を生けていると、緑の葉や颯爽と伸びている枝が美しさを引き立てています。
 私たちも常に何かに引き立てられて生きているにもかかわらず、そのことに気づくことがない。いのちには必ず引き立ててくれている存在があるのです。申し訳ないことです。
生きているということをもっと素直に喜びたい。華の美しさは、それを支え、芯となっている根や茎の存在があることを教えているのです。
できること
今年は新型コロナウイルス感染拡大により、生活様式が一変しました。
特に最前線でウイルスと向き合っている方々には頭が下がります。休む時間もなく働いている人がいます。
こんな時に何もできない自分てはありますかが、頑張っている人を応援することはてきます。ただただ応援するのみです。
命がけで闘ってくれてありがとう。
命がけで守ってくれてありがとう。
ありきたりな言葉しかでないけど、いただいているこのいのち。
置かれたこの場所で精一杯生きようと思います。
この思いをありがとう。
玄関
玄関とは玄妙なる道に入る関門という意味で、奥深い教えに入る糸口をいいます。
つまり「仏門に入る」入り口なのです。そこで私たちの玄関を思い浮かべてみましょう。
大切な関門になっているでしょうか。「自分の足元を見よ」「自分の行いを見よ」「支えているものを見よ」「次にすることを考えよ」。関門はいろんなことを教えています。

玄関はその家の顔。私物で溢れていませんか。靴は揃っていますか。
家族から道場が消えた
使わないキッチン、家の個室化、空洞化するリビング。
いつでもどこでも好きな物が手に入る環境は家族を変化させました。本来、団欒の欒とは。「もつれる」という意味で、周りに攴えられ、教えられ、助けられて初めて自分か成立することを表しています。
道場はその感覚を研ぎ澄ますところであり、その香気が溢れるところなのです。
家に床の間や仏壇があるということは、家が道場になっている証なのでしょう。
くぐり戸からの再出発
皆さんは本堂正面入り口にあるくぐり戸をご存知でしょうか。これには大きく三つの意味があります。

一つ目は、人間にとって道場がいかに大切なものかを表しています。
二つ目は一礼をして入場する。すなわち礼を尽くすという行儀作法です。
三つ目は自分の考えとは全く違った世界にふれ、新たなスタート地点に立ったということです。

ここから出発するあなたは、今まで気づくことのなかった尊い一人として、人生の一歩を踏み出していくことになるのです。
他力
他力という言葉は誤解されがちです。
他人任せで無責任であるかのように思っている人も多いのではないでしょうか。
少し難しくなりますが「他力というは如来の本願力なり」という言葉があります。
それは必ず間違いを犯す私たちにかけられた深い願いを意味します。つまり、生まれる前から心配されている私たちであるということです。
自分が出発点となり自分の思い通りにしようとすることは、過去・現在・未来の多くの存在を傷つける出発でもあるのです。
赤いローソク
赤い色はサンスクリット語でカサーヤといい、汚濁色という意味です。
私たちは俗世間のさまざまな欲望の中を生きています。私たちの濁りと汚れを明らかに照らす光は、人生の羅針盤のようであり、明るく尊い人生へ導く灯火なのです。
無いものねだりばかりの私か、すでに満たされた人生であることに気づくことができるのです。

欲望という暗闇の中にいる私に、あってもなくても同じように苦しむばかりの人生であると教えてくださるのが智慧の光であります。それこそ濁りの象徴である赤ローソクを灯す大切な意味なのです。
やさしく包み込む光
光は仏の智慧の象徴であります。その暗闇を照らす光は、見えなかった塵やホコリを宙に浮かせ、はっきりと見せてくれます。その光に触れると、時には力を込めて拳を握ったり、
マシンガントークで応戦したり、自分を精一杯表現する弱い私をまるごと包み込むのです。
 「そんなに頑張らなくてもいいよ」という明るい言葉で励ましてくれる光なのです。ある歌の冒頭に「涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように 見るものすべてにおびえないで 明日は来るよ君のために」という歌詞があります。
そして、そのあとの月明かりがプライドや荷物を軽くしたら明日が見えてくるというフレーズが印象的です。
ギブ アンド テイク
ギブアンドテイクの意味を「一つ与えたら一つ見返りを受け取る」と思っている人が多いのではないでしょうか。
それではギブアンドテイクの意味を理解しているとはいえません。つまり、ギブアンドギブの中にギブアンドテイクが成就することが真の意味であるということです。。
相手に一つ与えたら、一つ見返りを貰うようなものではなく、与え続けていたら、本当に必要なタイミングで助けを差し伸べてくれるような大事な贈り物をいただけるということ
なのです。私たちのいのちは、ギブアンドギブの連続の中で成長してきたといえるのです。
余計な お世話
仏は不請の友であり、不請の法を説かれる
不請とは、「頼みもしないのに」という意味です。つまり仏は、頼みもしないのにわざわざ私たちに課題を与えるのです。生きているということは、その繰り返しです。
ホッとした時こそ落とし穴があり、つらいときには乗り越えなけれぱならない道が開かれてくるものです。
人生は思い通りにならないというのは他ならぬ仏の発見なのです。


戻る